現在のモードは編集モードです。編集モードではトップページのバナー画像は表示されません。 また、ナビゲーションからアクセス出来ないページへはフッター(ページ下部)のサイトマップよりアクセスできます。

アスコンサルオーヤマ

お問い合わせ 0120540080

病院でのJazz Live

皆様こんにちは(^-^)  樋口です。

 

私は会社の仕事のかたわら、お休みの日はJazz Vocalとして音楽活動をしているのですが、先日は、大阪のある病院のロビーで、ピアノとのデュオで演奏してきました。

 

今回のプログラムは・・

1.Ceek to cheek
2.Over the rainbow
3.Lullaby of Birdland
4.黄金の魚~My favorite things
5.夏の思い出
6.浜辺の歌
7.Close to you
8.The nearness of you
9.A night in Tunisia
10.Tennessee waltz
アンコール 赤とんぼ

「黄金の魚」は、谷川俊太郎の「クレーの絵本」からの詩。詩を朗読している間、即興でピアノ演奏を入れていただき、そのあとMy favoriteに入りました。
夏の思い出は、遥かな尾瀬~♪ っていう、あの曲。今回は叙情歌をジャズアレンジで盛り込んでみました(^-^) チュニジアは、スローボサで。相方のジャズピアノが、秀逸でした(^-^)

たくさんのお客様に聴いていただき、最後に、赤とんぼをお客様と一緒に歌って終了~
お客様が口ずさんでくださるのを見ながら、幸せな気持ちで歌わせていただきましたo(^o^)o

この病院でのLiveも今年で3回め。毎年、笑顔で迎えてくださるO先生に、去年よりも良くなったと言っていただけるのを励みに、色々工夫をこらしてライブに臨んでいます。

今年は、詩の朗読や叙情歌を盛り込むことで、英語ばかりでなく日本語の曲で親しみを感じてもらえたのが、やはりよかったみたい。楽しかった、声に癒されたと言っていただけて、とても嬉しかったです(*^^*)


やっぱりJazzが好きだから、swingの楽しさを、Jazzを知らないひとにも感じてもらいたい。

Standard Jazzのイイ曲を知ってほしい。今回のチュニジアのように、いろんなアレンジで曲を表現したい。でも、よく知られた曲を演奏することで、懐かしさを感じてもらったり、口ずさんでもらえると、心から嬉しくなる。

今回のLiveは、両方の想いを盛り込んだラインナップになったと思います。

こんなLiveをもっと積み重ねて、いろんな場所で、私を知らないひとの前でも、よかったと言ってもらえる歌い手になりたいです(^-^)